【作品メニュー】
歴史系:キャラ紹介/一覧作品置き場
 ロ/ソ, 英(17c/19-20c), , 国際/他
英王朝芸術系中世英仏

お知らせ(5月18日更新)

-2021.5.18
遂に、ウェブページ(httрs://bsag.web.fc2.com/)にのみ掲載しているキャラ紹介や作品をこのブログに移行することに致しました。数が多いのでゆっくり作業を進めます。作業が終わるまで一部ページやリンクがおかしくなっていることがあると思われますが何卒ご了承ください。


-2021.3.13  (4.11, 5.19 一部修正)
突然のご連絡になりますが、しばらくブログの更新が停止(または停滞)します。

ブログ更新の停止・停滞の理由としては、私が今手がけている擬人化・歴史創作を描くモチベーションが下がってきてしまっているからです。完全にやめるとは宣言しませんが、ちょっとお休みしたいな、みたいな感じです。気が向いたら描きたいですし、その際には今までどおりブログに掲載します。とりあえずポイピクに投げてたまったらブログ更新みたいになるかもですが。創作お休みに伴い、PixivやTumblrも基本的には更新停止(停滞)します。

 

以下、モチベ低下の詳細な話

ブログでは一言も話していませんでしたが、少し前から(少なくとも去年の秋頃から?)時折異常に「創作やめたい」とか「絵描くのやめたい」と思うことがありまして。そして実際のところ、ここ最近は本の内容を受けて簡単な漫画・ネタは描けてましたが、感情や印象に重きを置いた一枚絵の筆のノリが悪かったり、はまたま全然上手く描けなくて、という状態でした。
スランプでちょっとの間絵を描けないなんてことはありましたが、「やめたい」という思いが湧いてくるのは、長い絵描き人生でもあった記憶がありません。何故かと色々考えてみた結果、どうも決して絵を描きたくなったわけではないし、広い意味の「創作」をやめたいのではなく、ただ今自分が描いてる擬人化・歴史創作を描くのは「もういいや」になっていたようです。今でも歴史は好きですし本も読んでいるのですが、そこで感じたものを「創作」として消化するのにある種の限界か、飽きか、満足を覚えるようになったようです。元々イギリス史や美術史が好きで、それがいつの間にかロシア、さらにはドイツやイタリア、スペインなどに広がっていくのは、単に歴史を知るという点では全然問題ないのですが、創作にするという点ではあまりに広がりすぎていて。そして私の扱う実際の歴史の潜在的な部分、あるいは私の歴史への考えや捉え方、そして消化の方法も根本的には共通・または同等のものがあって、創作は広がっていてもどことなく「焼き回し」感が否めなくなってきまして。
創作するのもういいかになったもう一つは、擬人化や歴史創作ではよく言われであろう、元ネタや史実にどれほど忠実であるか、どの程度創作を含むかの問題も関係があります。擬人化という時点で創作要素多いだろうとは思われそうですが、とにかく内容が忠実であればあるほどそれは「創作」なのかという疑念が浮くし、かといって創作要素を多く含めば元ネタ・史実を食い物にしているような後ろめたさが湧くと、いう。

 

まぁそういうわけで今の擬人化・歴史創作はお休みしたくなったんですが、やはり何かは描きたいんですね。しかし版権は苦手or描きたいと思うまでハマらない身なので、こっそりと完全オリジナルの一次創作に挑戦してみようかな、と思ってます。歴史と関係ないということもあり、こことは別の場所でゆったりのんびりやっていきます……いけたらいいなぁ!興味のある方、オリジナルの絵でも見たいと思ってくださる方は、さしあたり新しく別のポイピクアカウントを取ったので、こちらで見てやってください。
…別で擬人化・歴史創作しないTwitterアカウントも作ったんですが、もしフォローしていただいてもフォロバできない気がするので、案内は控えておきます…(そもそものTwitterアカウントもサブでしかフォロバできてないが!)

 

ではまた、そのうちお会いしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

芸術系擬人化本、本当に今年出したかったんですが、そういうわけで出せない可能性が果てしなく高いです。楽しみですと言ってもらえたのに、申し訳ないです。今年ではなくても、いつか出せたらいいなぁと思ってます

© 2021 Suwa Teijiro Rights Reserved.