Т-NOTE

擬人化創作・歴史創作作品倉庫(更新停止中)  by 諏訪 丁路郎

中国における思惑

f:id:destijl1917:20210801161230p:plain

f:id:destijl1917:20210801161235p:plain

f:id:destijl1917:20210801185300p:plain

f:id:destijl1917:20210801161242p:plain

 

 

f:id:destijl1917:20210801161248p:plain

中国で共産党を組織させ、さらに中国国民党との合作を推進したのはコミンテルン側でしたが、ボリシェヴィキ(ソ連共産党)側はむしろ中国共産党より先にすでに組織され、すでに勢力を持っていた中国国民党の方に革命を起こしうる期待をしていた模様。情勢が変わってからはコミンテルンと同じように中国国民党と中国共産党との協力(国共合作)を推すようになったが、それでも中国で革命が起きるならば中国国民党によってでも中国共産党によってでもよい、という印象があります。
そして遅れていると認識していた中国よりもヨーロッパでの革命の方を望んでいたはずです。これはコミンテルンについてもですが。コミンテルンはロシアに続けてヨーロッパにおける共産主義を推し進め、革命を引き起こすことを目的に創立されているわけですし…そしてコミンテルンを創立させたのはソ連共産党、もといロシア共産党のレーニンだったのでした。

© 2021 Suwa Teijiro Rights Reserved.