Т-NOTE

擬人化創作・歴史創作作品倉庫(更新停止中)  by 諏訪 丁路郎

歴史を歩むに当たり、

f:id:destijl1917:20200113215929p:plain
「いずれにせよ、何かを犠牲にしなければならない」

それは人であったり、物であったり、制度であったり、思想であったり。

 

 

f:id:destijl1917:20200113220510p:plain
上のツァリーとは全く無関係のデカブリスト二名。ルイレーエフとカホフスキー。ツーショのリクを頂いたので!一応どのシチュか考えなくもなかったんですが、それっぽくならなかったのでただのツーショってことで…。

© 2021 Suwa Teijiro Rights Reserved.