【作品メニュー】
歴史系:キャラ紹介/一覧作品置き場
 ロ/ソ, 英(17c/19-20c), , 国際/他
英王朝芸術系中世英仏

1830~50年代のイギリス

f:id:destijl1917:20190224222629j:plain
自分の理解の整理のためにも図を描くことは有効です…しかしこれでいいのか不安があるので誰かアドバイザー!特にオーウェンについては絶賛まだ一冊目の本を読み終えてないという…。
※画中にもありますが、マルクスエンゲルスは他所(オリさん)からデザインお借りしてます!

以下余談。
Red Britishはテノ史上初の歴史人物+擬人化の両方を描く創作なわけですが、こうやって描くと我ながらなんか不思議だなぁと思わなくもない。悪くはないと思ってるんですが、やはり本業が擬人化なもので、擬人化の方がいいなぁと思ったりも。実在した人物を描くとなると、どうしても「正確さ」を求めてしまうというか、脚色を躊躇ってしまうというか。あくまでも創作だと思えど…。言い換えれば、擬人化の方が私的解釈の入る余地があるということでしょうか。自分の考えを代弁させやすいです。
しかしこの歴史人物+擬人化スタンスを辞めるつもりは全然ありません。まあそもそもほとんどインプットとキャラデザ決めるばかりであまり動けてないですが…このスタンスは個人的に楽しくもあるので(創作として)。今までコラボ絵でしか味わえてなかった、擬人化とその親(的な)人物が並ぶエモさを自らの力だけで作り出せるという…

f:id:destijl1917:20190210200016p:plainf:id:destijl1917:20190224225009j:plain
そして例えばこのように、オーウェンとオーウェニズム(オーウェン主義)のデザインを意図的に似せることができるという…!いや正直似せたの顔と髪型くらいですが。そして髪色と目と色は違うという。それでもなんか親子感がし…てる!(個人の感想)

© 2021 Suwa Teijiro Rights Reserved.