Т-NOTE

擬人化創作・歴史創作作品倉庫(更新停止中)  by 諏訪 丁路郎

芸術系擬人化の系譜を追う

今年で7年目になっていた芸術系擬人化(主義擬人化)、現在に至るまでどのようにキャラが増えていったかを見てみようと思い、手元のアナログ資料や封印されしブログなどを見て追っていっているのですが、なかなか面白くなってきました。意外とこのキャラは早かったんだね、とか、この時期は別のもの描いてたんだね、とか。試し描きからしばらくしてようやくデザイン決まってたりとか。

さしあたり、こんな感じです。

2011年
 1月 現実主義、シュルレアリスムロマン主義、理想主義
 2月 印象派表現主義自然主義、古典主義
     野獣派、悪魔主義、唯美主義
 3月 耽美主義
 4月 感傷主義、キュビズム象徴主義
 5月 未来派
 6月 ダダイズム、シュプレマティズム(10月)、構成主義(10月)

 7~12月 (他ジャンル・他主義を描いてた)

2012年
 3月 ピュリスム、オルフィスム
 4月 芸術至上主義、渦巻派、レイヨニスム
 6月 メルツ、後期印象派
 9月 デ・ステイル(翌年2月)、新即物主義
 12月 ロシア未来派(翌年1月)

2013年
 1月 ロシア形式主義
 7月 ミニマリズム、アール・アンフォルメル、抽象表現主義
 8月 ネオダダ、ポップアート

 

名前の後ろの(x月)は、デザインが確定した月です。
2018年の今までやるつもりです。まだ結構長いな?!

© 2021 Suwa Teijiro Rights Reserved.