・作品メニュー▼ 【歴史系】 キャラ紹介一覧作品置き場
  L ロシア/ソ連, イギリス(17c/19-20c)
   ドイツ, 国際/他
英王朝キャラ紹介&一覧 
芸術系キャラ一覧
中世英仏

国際・その他地域史「赤色革命:国際編」

ロシア(ソ連)を中心とした赤色インターナショナル関連+ロシア・英国・ドイツ以外の国の赤色関係の歴史系擬人化創作
キャラクター紹介一覧

共産党集合絵(第三版)

ここにはコミンシア(インドネシア共産党)が増えた第二版を載せてなかったっぽいですね(第二版はコミンシアが実装された直ぐに描いてました)。この度はコマリカ(アメリカ共産党)を追加しました。元々大きいサイズで描いてたのが、さらに拡大して原寸は…

オフラ&トリーティエ、他色々

2019年に描いたこのラクガキのリメイクというか清書でした。この続きがあるので、それは描きたいと思ってますが、その前の部分も追加しようかな…と思ったりも。 後がない!という感じのトリーティエが描きたかった。 17世紀英国より。なんとなくデフォ全身描…

ほぼコマリカ

収納してなかった絵。ほぼコマリカです。初期の頃は移民の割合が多く、英語話者が少数派だったのでちょっとぎこちない英語でどうだろうなと思ってる。(普通におしゃべりが得意ではないキャラでもいいかもしれない) 「失礼ですが、あなたは共産党ですね?」…

アメリカ共産党

共産党ズの薄い本を作りたいという思いをきっかけに、以前より気にはなっていたアメリカ共産党を擬人化しました。愛称はコマリカ(Comarica)です。1920代頃の地下活動してた頃を想定したデザインです。アメリカの共産党ですがいわゆる「アメリカン」なキャ…

対コミンテルン

1924~5年くらい。コミンテルンの指令だからと中国国民党との合作を決意する中国共産党がいた一方、 堂々と掲げた綱領と方針がコミンテルンの方針から逸脱しているから直せと指摘・指令を受けつつも、もうそっちの方向に動いちゃったしなと形式上はわかった…

CPC&PKI

拙宅アジアン共産党コンビ。……同志だから腕組んで目を合わすことだって…ある!(正直にこのカプはかなりありだと思ってるが腐のつもりで描いたわけではないと主張しておく) 1924~5年頃と想定。1917年のロシア革命の後インドネシアから追放されたマーリンの…

930事件

1965年に起きた、インドネシア共産党が壊滅した事件に関するネタです。流血・微妙に腐・そしてセンシティブかもしれないので追記でどうぞ…

東インド共産党(インドネシア共産党)

最近コミンテルンの本を読んでいて、興味深いな~と思ってググったた速攻描きたくなって描いてしまいましたよね…東インド共産党、あるいはインドネシア共産党。愛称は「イディコン(Idicomm)」あるいは「コミンシア(Kominsia)」になりました。実はもう一…

1920年12月、トゥール大会にて

フランス社会党はコミンテルンへの参加をめぐり、多数決で参加及びそのために共産党へと改組することが決まったのですが、少数右派はそのまま離れて同じ名前の社会党を結成したんですよね。故に、スフィオ(社会党)はティコフ(共産党)に場所を奪われて死…

伊・仏・西の社会党

偶然今日8月14日がソチオの誕生日(つまりイタリア社会党の創立日)だと気づいて描いたソチオ。 これは久々に描きたくなって描いたスフィオ。新聞の隙間からバラの花びらが落ちていますがあまり深い意味はない。 こちらもまた久々に描いたパルソニョール。「…

赤系まとめ

無駄にリボンを長く&チャイナ着せたかっただけのチョンゴン 髪の毛を括らせたかった&チャイナ着せたかっただけのチョングヮ チョンゴンについていろいろ考えながら描いたやつ なんとなくパルセーニャ 怖い顔してるボリシェが描きたくなった。 キレたカミー…

共産党集合絵

チョンゴン(CPC)及びパルセーニャ(PCE)が仲間入りしてからの集合絵がまだだったので描きました。ポイピクに他差分あります。 一枚目の絵のロシア語は「共産主義インターナショナル」です。コミンテルンの正式名です。

ボロディンと初期の中国国民党

マーリンに続いて、コミンテルンの人をキャラ化してみました。国共合作関連で言うと、中国国民党(孫文)の政治顧問を務めた人であり、国共合作の実現に貢献しました。画中にも書いてますが。 これは初期画。確定版とは間違い探しレベル。 真っ先に思いつい…

マーリン

チョンゴン(中共)に圧をかけるコミンテルンの使者マーリン。コミンテルンの命令は絶対なのだ…。 これは少し前に描いて上げてなかったマーリンとカミー。一緒に描いてみたかった。尚、マーリンの「(中国は)遅れている」というのは本当の意見です。それ以…

それぞれの悩み

グレートブリテン共産党が労働党と統一戦線を結成することはなかったという話。スペイン戦争に際しては、一部の労働党党員がグレートブリテン共産党党員と協力したというのは聞かないでもないですが、根本的には断られ続けて終わったのであった。虚。 具体的…

2コマでわかる!国共合作(わからない)

中国共産党と中国国民党の一種の統一戦線である国共合作、具体的には共産党の党員が個人的に国民党に入党するという形を取りました。最初は幹部らが入党したので幹部って書いたけど、普通に党員でよかった気がしますね(おい)そしてこの形式の合作を提案し…

中国における思惑

中国で共産党を組織させ、さらに中国国民党との合作を推進したのはコミンテルン側でしたが、ボリシェヴィキ(ソ連共産党)側はむしろ中国共産党より先にすでに組織され、すでに勢力を持っていた中国国民党の方に革命を起こしうる期待をしていた模様。情勢が…

合作に際する二党

国共合作におけるチョングヮ。孫先生=孫文(なんて呼ばせるのが適当かわからんかった)。反対意見も勿論あったようですが、中共ほどではなかったのかなぁ。 一方その中共(チョンゴン)。キャラ的にどういう心積もりで合作に取り組んだか改めて考えてみたの…

マーリン

概説は画中にありますが、中国共産党と中国国民党との共同戦線である国共合作の成立に重要な役割を果たしたコミンテルンからの派遣員です。前から印象が深くて描いてみたかったんですね~。肖像画はわりと無視してます。Wiki画像だとメガネないですが、画像…

CNP&CPC

チョングヮ&チョンゴンのツーショット且つ全身を描きたくなった。親しく話してるように見えなくもない気がしますが、勿論仲はよくないです。

最近の落書き(赤系)

エセールィ ※咥えてるのは爪楊枝ではなく火をつける前の煙草 珍しく銃が描きたかったので描いたヴェチェク 不穏なボリシェ 裏地が描きたかっただけのドゥーマくん フードなしヒル(何気にレア) 「イエーイ!」なチョンゴン いつもと違った服装のサリアちゃん

CPC 100周年

公式では1日が創立日だったそうですが、完全に23日(最初に大会が開かれた日)だと思ってたのでこの日に合わせて描きました、チョンゴン君。 ちなみに絵のテーマが言いたいので言いますと、「幕はまだ閉じない(歴史はまだ続く)」です。

要約するとCNTがエモいというだけ

スペインの全国労働組合(CNT)の擬人化、コナトくん。亀よりも遅いスピードで読んでるスペイン本を読んでて描きたくなったので。国家や政府を否定するアナキズムな組織であるはずのCNTのメンバーが政府に加わるという話がですね…エモすぎてですね……本にはフ…

スペイン社会労働党/全国労働組合(CNT)

通称スペイン社会党。あるいはPSOE。愛称は未定。 PSOEは左右の意見の対立が大きい印象があります。 擬人化キャラ的にソチオ(イタリア社会党)と被りそうなので注意した結果、死んだ目をしたままあまり表情は変わらないがちょっと涙もろいというキャラ付け…

統一戦線の試み

それぞれ、統一戦線…もとい社会党ら他党との協力を試みるにどんな感じだったのかを描き比べしてみたかった。とりあえずでチョンゴン(中国)、ミュティ(英国)、セーニャ(スペイン)の共産党を描きましたが、パルコ(イタリア)とかティコフ(フランス)も…

NSとPNFログ

スペイン戦争に際しての二名。共にスペインのファシスト勢力に支援をしていたということで。 蛇足 気が向いたら清書するやつ。首かしげるファくんが描きたかった。 ついついネタ(ギャグ調)で描きすぎるので…(笑)

セーニャとパルコ

先日描いた1コマ漫画の続きの感じで。ロンゴとトリアッティはスペイン共産党を支援するために駆けつけたイタリア共産党の人物達のうちの二名です。スペイン共産党が人民戦線によってスペインのファシズム思想を含む反乱軍に立ち向かう一方、イタリア共産党は…

スぺイン共産党

イタリア共産党の本を読んでていて何故かスペインについて知りたくなってきてスペイン共産党実装するという所業。単一戦線(人民戦線)関連でね………スペイン人民戦線とか内乱とかあのあたりが気になり始めましたんですね…。 イタリアに限らずコミンテルンや他…

赤色革命ログ

カミー(コミンテルン) あまり気に入った出来にはならなかったけどせっかくなので載せるティコフさん(フランス共産党)途中で飽きて放置されたソチオ(イタリア社会党) 落書きだけどわりと可愛くかけたパルコ(イタリア共産党) シリアス目なパルコとボリ…

初期PCd'I

先日イタリア共産党に関する本で、『トリアッティ選集』の第一巻を購入しました。まだ絶賛読取中噛み砕き中なのですが差し当たり、初期(1921~24年のボルディガが書記長を勤めていた時)のパルコ(イタリア共産党)こんな感じだったのでは…?!という思いが…

© 2021 Suwa Teijiro Rights Reserved.